iPhoneから急な発熱、どうします?

iPhone7修理

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。アイフォンフィックスセンター春日部店です。
二三日前の話です。
iPhone7のガラスパネル破損のためパネルを交換後最後の取り付けにかかっておりました。
各所配線を取り付け最後にバッテリーのコネクターをはめ込みガードプレートを取り付けていた時でした。
ロジックボードに物凄く熱が発生しているのを感じました。
慌ててガードプレートを外し、バッテリーコネクターも外しました。
一瞬、ロジックボード内でショートさせてしまったかと思いました。
数分後、再度点検して組み直しましたが全く動く気配がありません。
「壊してしまったか」
うなだれました。
しかしこのiPhoneには回路破損や水没などの履歴はありません。
原因がわからないままでいるのは何なので色々調べてみました。

熱が発生するのは故障なのか?

実は、iPhoneから熱が発生するのはそんなに珍しいことではないのです。
iPhoneはパソコンと同じように中枢回路であるCPUをつかって情報処理を行っています。
ただパソコンと違うのは処理による熱放熱をボディ全体で行っているのです。だからiPhone本体から熱を感じるのは決して悪いことではありません。ただし物事には限度があります。熱さが上昇し続けたり長時間続くことは良くありません。
極端にに熱が発生する原因に起動時の不具合やCPUのフル稼働などに原因があります。
リンゴループを繰り返し起動が正確にできないiPhoneはループ自体で過度にストレスがかかり熱を増してしまいます。
CPUのフル稼働は処理能力の妨げになります。
ではそんなときどうしたらいいのでしょうか?

  • バッテリーを交換してみる

リンゴループするのは回路の不具合以外では大半はバッテリーのトラブルが原因です。
寿命を迎えたバッテリーは起動するための電力が足らないためリンゴループを繰り返すのです。
高いところにあるスイッチをジャンプして入れようとするけど手が届かずジャンプを繰り返すようなものです。
本来の能力を発揮するためにはバッテリー交換をしてみてはいかがでしょうか?

  • データーの整理

データ整理も重要です。iPhoneが容量不足になりますとパソコンと同じで処理速度が鈍ったりっ停止する状態になりかねません。不要なデータは削除した方がいいですね。

  • 裏で起動中のアプリ・マルチタスクを削除

iPhone内でアプリ開けっ放しにしていませんか?

バックグラウンドで起動しているアプリにはつねにCPU が処理している最中とお考え下さい。ホームボタンをダブルクリックしてバックグラウンドで起動しているアプリをスワイプして処理しない限りCPUの処理の停止はできません。(再起動でも停止はできません)

電源が入った瞬間からCPUが処理を始めますのでバックグラウンドに残っているアプリが多ければ多いほどCPUがオーバーワークに陥る可能性があります。
以上のような処置をとっていただければと思います。

そして結果は

次の日、諦め半分でiPhone7の組み直しに取り掛かりました。
組み直し後起動してみたらなんと治っているではありませんか!
疑りながらも各所点検してったら異常はありません。
ただ一つバックグラウンドで起動していたままのアプリが十数個あったこと。
すぐに処理しました。

壊してしまったと思い、修理のプロとしてのプライドをズタボロにされかかったところでの今回の一幕、
いや~身体に良くないです。(^^;
発生したときにビックリしながらも瞬時にバッテリーを外していたのがよかったのでしょうか。

だから
異常な熱発生を感じたら
まず電源を切ってください。

お願いします。

コメント