Lightningコネクタアクセサリの偽造品または模倣品を識別する

iPhone全般

こんばんわ!

iPhoneフィックスセンター春日部店の皆川です。

今日はAppleの公式サポートページで公開されている、「Lightningコネクタアクセサリの偽造品または模倣品を識別する」方法を紹介したいと思います!!

皆さんご存知のように、iPhoneなどを充電するときに使うLightningコネクタは、コンビニなどでは勿論のこと、ネット上でも数多く販売されています。

Lightningコネクタが壊れたときなど、わざわざアップルの公式ページから購入するより、早く・そして安く手に入ります。

これはユーザーにとってかなり嬉しいことですよね。

しかし、上記のような理由でアップルが認定していない偽造品または模倣品を使用し続けていると、せっかく購入したiPhoneが使い物にならなくなってしまいます。

それだけならまだしも、思わぬ怪我を負う危険性もゼロではありません。

今回はアップルからの認定を受けてはいないが、正規品と類似したLightningコネクタを見分ける方法を、実際に公開されている画像とともに、一部抜粋して紹介します。

まず、Lightningアクセサリの偽造品または模倣品を使用すると、次のような問題が起きることがあります。

・デバイスの損傷
・同期の問題
・ケーブルの損傷
・充電の問題
・ケーブルが正しくはまらない
・コネクタの端が外れる
・コネクタが加熱する

アップル製ケーブルおよびアクセサリにはLightningコネクタがついているだけでなく、その他にも他社製ケーブルやアクセサリと異なる独自の特徴があります。

ここから本格的に偽造品を見分ける方法を紹介します!!

まず最初

IMG_1731-0.PNG

 

これが最初のポイント。

次にLightningコネクタ側の違い。

IMG_1732-0.PNG

IMG_1733-0.PNG

正規品と違い、偽造品。模倣品はかなり粗悪なつくりとなっています。

IMG_1734-0.PNG

IMG_1735-0.PNG

フェイスプレート挿入部は、正規品がグレイ。

偽造品・模倣品が白または黒。

IMG_1736-0.PNG

IMG_1737-0.PNG

正規品はUSBシェルの接合部が台形。
端から接合部までの間隔は均等。

それに対し偽造品・模倣品はUSBシェル接合部が四角形。
接合部の間隔は不均等。

IMG_1738-0.PNG

IMG_1739-0.PNG

 

正規品のUSB接触面は金メッキですが、偽造品・模倣品は銀メッキ。

IMG_1740-0.PNG

IMG_1741-0.PNG

正規品のUSBコネクタの絶縁体の表面は均一で平坦なのに対し、偽造品・模倣品の絶縁体には切り欠き・くぼみがあります。

今回紹介した見分け方はアップルが公開している全てではありません。

わかりやすいものを抜粋して紹介しています。

もっと詳しく知りたい方は、Appleの公式サポートページを参照してください。

最初に箇条書きした問題は全て公式で公開されている問題ですが、公式ページで公開されている問題の他にも、危険性が高い問題はいくつか報告されています。

問題が起こる可能性は100%ではありませんが、安いからといって偽造品・模倣品を使用していて何かしら問題・不具合がおきても全て自己責任。

「偽造のコネクタなんか使ってるからそうなるんですよ」の一言で終了。

大事なデータが入っていても、問題によっては復旧できない可能性があります。

そんなことにならないためにも、Appleによって認定された正規のコネクタ・アクセサリを使いましょうね^^

コメント