これほどありがたいことはない

iphone5修理

こんにちはアイフォンフィックスセンター春日部店相沢です。

お久しぶりですね。一応、生きてますよーiPhoneの修理もやってますよー(笑)

こちらのブログはしばらく皆川君に任せていたのですが久々に書きますか。

いつもiPhone修理をやっていて嬉しくなるのはお客様に喜んでもらえた時、悔しくなるのが修理できなかった時。

修理完了と同時にほっとするのとうれしいが大半なのですが、修理不可能な時はわずかな事例でも今までの成功をひっくり返してしまうぐらいの心のダメージが多少あります。

これくらいでへこたれててはiPhoneの修理は務まらないとは思いつつもねぇ・・・

先日、そんな地獄と天国を同時に味わうような出来事がありました。

先日日曜日iPhone5を水没させてしまったとのことで年配の主婦の方が来店されました。

20140506-193019.jpg水没クリーニングを行い液晶パネルにも水が浸入し画面が半分死んだ状態だったので液晶パネル交換をしてお客様にお渡ししました。

お客様は大変安堵しておられましたが、一応念を押す形で水没クリーニング後はその場では正常に戻っても時間が経過して再度具合が悪くなる可能性もあるので

早めに万が一の時のためのバックアップはしてくださいねと伝えました。

そして翌日、そのお客様から電話がありました。バックアップ中にiPhoneの具合が悪くなったと。

これには聞いているこちらが愕然となりました。

落胆した気持ちをどうにか抑えてその場でできる対処法を伝えました。最後は電源を切ってしばらく時間を空けて再起動してみてくださいといったほぼ神頼み的なことまで。

そして翌日、再度お客様から電話が。

なんとまた回復しバックアップもうまくいったとの報告でした。

回復したことに驚いたこともさることながら、その報告にわざわざ貴重な時間を割いていただいた上に『ご丁寧にありがとうございました』を何遍もお礼を言われ

どんだけ嬉しかったことか。

以前外国人紳士から『Good Jobね』とねぎらいの言葉をかけてもらった時と同じぐらい。

ホントこういう一言がいただけるだけでも報われたと思いますよ。

コメント