昨日の補足(iPhoneの容量管理)

アイフォン修理への想い

こんにちはアイフォンフィックスセンター春日部店・相沢です。

昨日ウチの皆川君が容量の一杯になったiPhoneの修理に奮闘している話をブログにアップしていましたが
今日はそのことについて補足を少々アップさせていただきます。

Safariのキャッシュを消去

ホームボタン>ダブルクリック>スワイプ とアプリを閉じる方法はよく知られていますが
Safariに今まで閲覧したページや画像が溜まっていることはあまりよく知られていません。
『Safari』でウェブページを表示すると、画像やテキストなどの情報を一時保存(キャッシュ)し
再度同じページにアクセスした時に表示スピードが上がる仕様になっています。
しかし一時保存とはいってもキャッシュばかりが溜まっていけば容量を食うことになります。

そこでiPhoneの設定>Safari>詳細>Webサイトデータから
キャッシュがどれだけ貯まっているか見ることができます。

ウェブページを見れば見るほどキャッシュは増えて行き、自動でキャッシュを削除してくれる機能もないので、
膨大な容量になっているかもしれません。
先程の「Webサイトデータ」内にある「全Webサイトデータを削除」すれば、キャッシュを消すことができます。

 

容量の大きいアプリは再インストールする

最初からプリインストールされているアプリも含めあればあるだけ便利なiPhoneのアプリ。でもアプリの数が多ければ多いほど
iPhoneの容量を圧迫するのは間違いありません。

使用していないアプリを定期的に削除するのはもちろん、日頃使っているアプリも再インストールするだけで容量が減るんです。
削除することによってアプリ内のデータがすべて消去され、初期状態にすることでアプリの容量が減るという仕組みなんです。

試しにFacebookでやってみましょうか。
設定>一般>使用状況を見るとあらFacebookの容量がMBですね。
ではFacebookを選択してアプリを削除しましょう。
そして再度Facebookをダウンロードすると

あらま、MBに数値が落ちていますね。
ただし、ログインするには再度データを入力することになります。
使う頻度の多いアプリやゲームアプリなどは、データが消えてしまう可能性があるので気をつけてくださいね。

写真は自動バックアップを設定し、カメラロールに残さない

人によっては写真や動画がカメラロールに溜まっていき容量を圧迫しているかもしれませんね。
そんな時は自動バックアップを設定し、カメラロール内に写真を残さないようにしましょう。
バックアップできるサービスは『Dropbox』を始め、『Google+』や『Facebook』などSNSを使う方法もあるので、
自分にあったサービスを選びましょう。
私は今回『Google+』で試してみましたのでこちらのリンクを参照にしてください。

Google+

 

日頃のiPhoneの管理いかがですか?こういった定期的なメンテナンスも忘れないでくださいね。
まめにチェックで快適に。

 

20140720-184248-67368804.jpg

20140720-184248-67368601.jpg

20140720-184248-67368392.jpg

20140720-184249-67369002.jpg

20140720-184249-67369996.jpg

20140720-184249-67369595.jpg

20140720-184249-67369199.jpg

20140720-184250-67370194.jpg

20140720-184249-67369791.jpg

20140720-184249-67369393.jpg

20140720-184250-67370390.jpg

20140720-184250-67370630.jpg

コメント