他人事ではありませんLINEの乗っ取り

iPhoneの使い方

こんにちはアイフォンフィックスセンター春日部店・相沢です。 以前LINEの乗っ取りについてブログで話したことがありますが 正直、当時は被害の様子とかよくわかっていないままにブログに書いていたので 悪く言えば他人事みたいに思っていた節があったのですが、最近知り合いの方が被害に遭われて困った話を耳にし さすがに他人事とは言えないと思い改めて何がおこっているのかとすぐできる対処法を述べていきたいと思います。

一体何が起こっているのか?

LINE_icon_Green

今問題となっているスマートフォン向け無料通信アプリLINE(ライン)。この利用者アカウントが、乗っ取られて 『なりすまし』によって悪用されるという事態が相次いでいる。例えば先月、LINEユーザーの男性に、友人から「LINEで送ってきた、 『プリペイドカードを買ってください』ってどういう意味?」と電話があったそうです。 言われた本人も意味が解らないまま自分のLINEを見るとがアクセスできないのに気が付いたそうです。 それから数時間、多数の問い合わせが相次いだ。男性はすぐにLINEのサービスを停止。他のSNSでLINEがが乗っ取られたと知らせたが、連絡が途絶えることはなかった。 その後、友人から見せてもらったメッセージの履歴に男性は言葉を失いました。 「近くのコンビニエンスストアでプリペイドカードを買うのを手伝ってもらえますか?」 「10000点のカードを5枚買ってください」 「買った後に番号の写真を撮って送ってください」 スマホの画面に並ぶ身に覚えのない文言が。明らかに男性を装った第三者が発信した内容なのです。 こうしたメッセージはLINEの中に登録していた人たちに送られた可能性があるがありました。 そうするうちに何人かはカードを購入。LINEでカードの画像などを送信したためその時点で詐欺が成立し、男性がその被害額を肩代わりすることとなりました。 運営会社は6月12日、乗っ取りがあったことを公表。同種の事案が5月下旬から6月中旬まで少なくとも303件確認され、うち3件で金銭の被害が出ていることを明らかにした。 他社のサービスで設定したパスワードが流出した可能性があると説明。LINEでも同じものを使うのは危険だとして、 安全なパスワードに変更するなどの対策を呼び掛けています。 警視庁も、運営会社から事情を聴くなど情報収集を開始。不正アクセス禁止法違反の疑いもあるとみています。

なぜこうなったのか?

なぜこうなったのか? 最初にお話しした知り合いの方(LINEを乗っ取られた男性とは別の方)の場合、パソコンに設定していたLINEのパスワードが読み取られ 乗っ取りにあったそうなのです。先程の項目の最後のほうで赤字で示した文面を見てください。 他社のサービスで設定したパスワードが流出した可能性があると説明。LINEでも同じものを使うのは危険だとして、安全なパスワードに変更するなどの対策を呼び掛けています。 つまり他のサービスで設定したパスワードを解析ソフト等でパスワードが読み取られてしまい同じパスワードを併用していたから各サービスのパスワードも 芋づる式に読み取られてしまいその中にLINEがあったということです。

どうしたらいいのか?(防御策)

まず防御策としてやるべきことはパソコンで使っているパスワードを20桁ぐらいのものに切り替えてみることですか。 パスワードの桁数が少なければ少ないほど看破される可能性が出てきます。 当方ではLastPassを使ってパスワード管理を行っています。パスワードもランダムに作成でき管理もできるのでいいかと思います。

あとiPhoneの場合は少なくともほかの誰かに操作されないために

自動ロック+スリープボタンによるロック+パスコードの設定が必須です。

20140623-195333-71613790.jpg20140623-195333-71613587.jpg

コメント