暑い夏場はiPhoneの扱いにもご注意を

iPhoneの使い方

こんにちはアイフォンフィックスセンター春日部店・相沢です。

猛暑

さて今日これからお話しするのはこれからの暑い時期に向けてどうiPhoneを扱ったらいいかを

暑い夏場での注意事項と、主だった症状、対策法を含めブログにつづらせていただきます。

暑い夏場はiPhoneには酷な状態

夏場はスマートフォンのような精密機械には酷な季節。夏場は絶対に以下のような取扱はしないようにしてください。

  • 車のダッシュボードに直射日光が当たった状態で長時間ナビとして使用する
  • 車内に長時間放置する
  • 室内の直射日光があたる場所(窓際など)にiPhoneを放置する
  • iPhoneが入っている手荷物(カバン等)を気温の高い場所に放置する
  • 室温が高い中でiPhoneを充電したまま放置する
  • 長時間充電ケーブルを繋いだままゲーム等のアプリを連続使用する

熱の発生しやすい場所、熱がこもりやすい場所、連続使用して酷使した場合iPhoneには良くないですね。
そのような状況が続くと以下のような不具合が出ることがあります。

iPhoneが熱くなると起きる弊害

  1. iPhoneの充電が強制停止

  2. 画面が暗くなる

  3. 電波が弱くなる

  4. バッテリーが膨張する

1.の場合iPhoneの充電中に限度の温度を超えてしまうと、システムメッセージ(本体の温度を下げる事を促す文言)が表示され、充電が出来ない状態になります。
過充電でも危険です。
2.の場合iPhoneが限度の温度を超えてしまうと、警告メッセージが表示され、画面の明るさが暗くなったり、場合によっては完全に消える場合があります。
これは3.でも共通していることですが省電力モードに入って各機能のパフォーマンスがガックっと落ちるケースがあります。
4.は以前このブログでも解説しましたがリチュームバッテリー自体が熱に敏感な代物なので高温で放置しておくと
バッテリーが膨張して各所に不具合を起こす原因にもなります。

では対策として

【○】やっていいこと

  • 扇風機にあてる
  • 日陰に置く
  • 温度が低い部屋に移動する
  • 使用を控える(充電ケーブルを抜く)

【×】やってはいけないこと

  • 冷蔵庫・冷凍庫に入れる
  • 氷枕や保冷剤の上に置く
  • 水の中に入れる【論外!】

気持ちはわかりますが急激な冷やし方は内部で結露を生む原因になるのでやめてくださいね。

以上iPhone暑さ対策を語らせていただきました。

 

 

 

コメント