iPhone修理ひとつとはいえ色々考えます

iphone5修理

こんにちはアイフォンフィックスセンター春日部店です。

昨日ブログでつまるところ人と人との間で交わされるやりとりでお互いが気分良く納得のいく仕事こそが大事と語らせていただきました。

もちろんそれは今日も変わることはありません。でももう少し技術的な面でも相手を納得させられる仕事ができたらな良いなとも思っています。

さて今日はこんな修理がありました。

幸手にお住いのH様からiPhone5のパネルに縦筋が入ってタッチが効かないのでパネル交換できますか?と問い合わせがありました。

聞いてみるとiPhone5を落としてしまいガラス割れはしてないけどタッチが効かないパネルが浮いてしまってると聞いて

液晶パネル交換の旨と修理料金を伝えてiPhoneを持ち込んでもらうこととなりました。

お預かりしてみるとやはり液晶パネルが浮き上がっていて損傷していました。

ではパネル交換と作業にかかり交換して取り付けなおそうとしたとき問題が発生しました。

あれ?

パネルが嵌らないんです。

よくよく点検してみるとフレームの右上部が僅かですが内側に変形していました。

この部分は内側から何度か叩いて修正し嵌めることに成功しました。

しかしまだ決定的な問題が残っていました。

パネルの左側が浮いている?

そこでよーく見るとなんとマナモードボタンとボリュームキーボタン部分のフレームが曲がっていたのです。

写真ではわかりづらいかもしれませんが曲がっているんですね。

パネル交換でお返しできると思っていただけにこの事態には愕然としてしまいました。

液晶パネルの動作は正常に戻ってはいますが後々影響があるかもしれません。

その後お客様に交換終了の旨を伝えて液晶パネルを交換したiPhoneを手渡し工程を画像を交えながら説明して

最後にフレームが曲がっているということと別途料金は掛かるが修理できますと伝えました。

お客様はとりあえず騙しだましには使ってみるよと言ってくださいました。ありがとうございます。

 

修理が完了した後今このブログを書いているのですが

振り返ってみて今日の出来は、ん~40点かなぁ。

もう少しでもいい形で作業・説明できたはずとは思いましたね。

20140324-205132.jpg

20140324-205145.jpg

20140324-205156.jpg

コメント