iphone5のスリープボタン修理とガラス交換とその他の修理

iphone5修理

iphoneフィックスセンターの皆川です。

今日はiphone5のスリープボタンの修理とガラス交換とバッテリー交換・ドックコネクターの交換をしました。
基盤を傷つけないように慎重に作業するため、特にスリープボタンとドックコネクターの交換はかなり時間がかかりました。
早さももちろん大切ですが、慎重さがもっと大切なので、焦らずに作業しました。

20140201-180846.jpg
今日もガラス交換をされたお客さんが、強化ガラスのフィルムを購入されました。
ガラスフィルムを貼ることによって格段に割れにくくなります。
ガラス交換をしに来たお客さんは、ほとんどこちらで修理と一緒にガラスフィルムを購入します。
iphoneフィックスセンターでは、ガラスフィルムを3000円で販売、取り付けをしています。
一度落としてしまって割れた経験のある方、修理をしようと思っている方は是非一緒にガラスフィルムの購入もご検討ください。
もちろん、ガラス交換ではない方も、ガラス割れの予防のために購入されてはいかがでしょうか。

さて、今日は春日部市からお越しのAさん、Uさん・越谷市からお越しのHさん、Yさんのiphone5を修理しました。
前述のとおり、バッテリー交換とガラス交換はかなはやく終わったんですが、スリープボタンの修理とドックコネクターの交換は時間がかかりました。
一回で問題なく修理が完了したので嬉しかったです。
どんな修理でも直ると僕もかなり嬉しいです。
精密機器なので、いつどこが壊れてもおかしくないものです。
なので慎重に作業をして、完璧に直ったときはかなりテンションがあがります。
そういうところでやりがいというか仕事に価値を感じますね。
どんな仕事でもその仕事にやりがいや価値を見出せなかったら楽しくもないですし、続かないと思います。
どうせやるなら楽しくやりたいじゃないですか!
ただ働いてお金を貰うなら最早仕事というか作業です。
作業だけならロボットにもできます。
ロボットみたいな作業だけはしたくありませんね。
これは知っている方ならわかると思いますが、これは流行語大賞を取った言葉がでてくるドラマから抜粋した言葉です。
でもただ抜粋して書いてるわけじゃありませんよ。
僕自身その言葉の感銘を受けて一生思い続けることばになると思ってるからです。

こんな話はここでさておき、今日の修理は大変でした。
だけど修理が完了したあとの喜びもありましたし、これからも修理をしていく上で再度勉強になった部分もありました。

よく言うじゃないですか。
悲しみは半分、喜びは倍に。って
僕は喜びをお客さんと共有したいですね。

これからもこんな感じで頑張っていこうと思います。

コメント